【3ヵ月毎の婦人科】

仕事休み。

午前中、婦人科に行って

いつもの『ピル』3ヵ月分を もらって来ました。 

 

なっつんを産んでからも 暫く服用してなかったのですが

私は中学1年の3月に初潮を迎え

(妹より遅かった)

高校生の時から生理不順があり

余りの量の多さに貧血を起こしたり

登校途中でタクシーで帰らないといけないくらいの

痛み症状があったりしてました。

 

ここ2年程。

激しい痛みは無いものの

2週間しないうちに不正出血があり

いつもナプキンを付けていないとダメな状態で

今は、保険適用でピルを飲んでいます。

 

処方される際

必ず『体重』『血圧』『心拍数』を測らないといけなく

今回は『43.8㎏』『94ー55』『68』でした。

 

んー。。あれ。。実家に帰省してから

お腹が空かないのに食べてる状態が続いてるのに

前回より0.8㎏減ってる。。何故だ(・・?

着てる物が軽くなったからかな?

「お腹出てきたな~(汗)」と思っていただけに

本心は ちょっと安堵感(苦笑)

 

摂食障害からは、未だ 脱出 出来ずです(~_~;)

胃潰瘍になる前の体重に戻した方が良いのは判っていますが

『判ってるつもり』で終わってしまいます。。

 

そして、これは疾患とは言えないかもしれませんが

私は『低血圧』です。

うつ病になる前は、平均的な血圧でした。

精神的疾患を抱えてから

上が100を超えたのは、なっつんを妊娠した時だけ。

 

高血圧と違って

低血圧は特に重要視されていないので

この血圧でも、どこの病院でも薬は普通に処方されてます。

 

一般的に言われる『朝が辛い』『目眩』と言った症状も

『起立性低血圧(立ち眩み、脱力感等)』も無いですし

自身も大して気にしてないんですけどね(^▽^;)

  

 

心臓、血管の負担が少なく、長持ちする可能性があると言う【体質】

 

気持ちと身体は矛盾してて、何とも複雑な気分です(苦笑)

 

 

少し話しがズレてしまいましたが

日本は、まだまだ『ピル服用』は受け入れられてないですよね。

海外では、結婚・出産前の10代でも普通に飲んでると言われてますが

薬で女性ホルモンをコントロールして

【生理を人工的に起こさせる】

また、『ピル』=【避妊】と言う意識が高いんだと思います。

 

勿論、副作用もあります。

最も重要なのは、血栓が起きやすい事

むくみや吐き気等は、1ヵ月~3ヵ月服用を続けていたら

殆どの方が改善する事と言われてます。

(私は、その様な症状は無かったです)

 

なので、年に1度は血液検査、子宮・子宮頸がん検診を

必ず行っています。

 

『ピル』は、避妊目的だけではありません。

もっと広まって欲しいとは思いませんが

もう少し受け入れてもいいんじゃないかと思う私でした。